これだけ押さえておけばSEO対策は万全「Lighthouse」

昨今、サイトを構築する際、SEO対策を行うことは絶対条件となっています。そのため、SEO対策用のサービスも増えていますが、その数が多くなり過ぎてこれから初める方がどれを利用すれば良いのかわからなくなっています。SEO対策は日々変わっていますので、以前はとても良いサービスでしたが、今となっては利用価値がないものも存在します。
私もサイト構築の際はいくつか利用していますが、複数サービス利用するには骨の折れる作業となっています。そこで私がこれだけ押さえておけば良いというサービスを紹介します。

Lighthouse

そのサービスとはGoogleが公式に展開しているSEOチェックツールである「Lighthouse」です。一般的にSEO対策といえば、Google検索での検索順位を上げることが目的ですので、そのGoogleが出しているサービスというだけあって安心です。なおYahoo!はGoogleの検索技術を使っていますので、GoogleのSEO対策を行うことで十分成果を挙げることができます。

Lighthouseのインストール

LighthouseはChrome Web Storeで入手することができます。つまり、Google Chromeでなければこの拡張機能をインストールすることができません。Chromeより下記リンクへアクセスし、「Chromeに追加」ボタンを押してください。
https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk

次の権限が必要になります。問題なければ「拡張機能を追加」ボタンを押下します。

  • ページ デバッガ バックエンドにアクセスする
  • アクセスしたウェブサイト上にある自分の全データの読み取りと変更

拡張機能が追加されると、アドレスバーの右側に灯台のアイコンが表示されます。ちなみにLighthouseは日本語で灯台を意味します。
では解析したいサイトを表示し、このアイコンを押下してください。そして「Generate report」ボタンをクリックします。すると解析が始まるので、このまま1分程度待ちましょう。するとレポートがブラウザに表示されます。

レポートの項目は以下のものが用意されています。

  • Perfirmance
  • Progressive Web App
  • Accessibility
  • Best Practices
  • SEO

全てのスコアを100にすることは至難の業ですので、全てがオレンジになるよう調整を進めましょう。数多くの項目が用意されていますが、問題があった箇所は全て何が悪かったのか、どうすればいいのかが判るように説明が書かれています。対応可能な箇所を潰していくことで、スコアを100に近づけることは容易でしょう。

まとめ

サイトを構築するとき、SEO対策に力を入れなければ、いつまでたっても人目につくことはありません。年々変わりゆくSEO対策を簡単にチェックできるのは楽ですね。しかもSEO対策の中心となるGoogleですので、間違った指摘は恐らくないでしょう。ぜひこのLighthouseを活用してください。

» お仕事のご依頼はこちら