簡単にRDBMSを管理、Adminerの利用方法について

RDBMSを管理するツール(デスクトップアプリ、Webアプリ)は、多く存在しますが
デスクトップアプリの場合、機能面は充実していても複数アプリを立ち上げた場合の速度低下や
端末を複数持っていたりした場合など不便に思う事があります。

Webアプリを採用することで、さまざまなニーズに対応できます。
多くのWeb会社は、phpmyadminを採用していると思います。
ただ、導入するのに多少工数が割かれるのは勿体ない為、お手軽なadminerを紹介します。

データベース

インストール方法

以下の公式サイトにアクセスします。
https://www.adminer.org/

「Downloads」よりAdminer 4.7.5 (.php, 478 kB) (※2019年11月現在)をダウンロードします。
※ものすごく軽量なのがわかると思います。

上記ダウンロードしたPHPファイルをサーバの公開ディレクトリに置きます。
これで準備完了です。

使い方・特徴

設置したURLにアクセスするとRDBMSへのログイン画面が出てきます。
接続情報を入力し、ログインすることで利用が可能です。
※セキュリティ対策の為、Basic認証を掛けておくことをお勧めします。

機能面は、インポート、エクスポート、SQLコマンド実行、一覧上での検索条件追加、等々
最低限の機能や使いやすさはあると思います。

一度ログインした情報は、トップ画面に履歴のリンクが張られます。
それをクリックすることで簡単に再ログインができるのも魅力の一つと思います。

また、adminerの特徴としては、着せ替えのデザインを選んで適用できるのが
面白い所です。
以下、公式サイトの「Alternative designs」より対象のCSSをダウンロードし、適用するだけです。
https://www.adminer.org/
※余談ですが、私は「mancave」を利用しています。

さいごに

実は、私がこのadminerを採用した理由は
GCPなどで、固定IPアドレスからのみDBサーバアクセスを許可する設定があり
モバイルWiFiを利用していた為、グローバルIPアドレスが変わってしまって再設定を毎度していた為になります。
※安く借りていたさくらのレンタルサーバに載せました。

複数のプロジェクトの開発をしていたりすると、こういうアプリを使うだけで開発効率は断然上がります
是非使ってみるのはいかがでしょうか。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

» お仕事のご依頼はこちら