Google Play Instant に対応したゲーム作成ツールCocos Creator

Google Play Instant

皆さんはGoogle Play Instantをご存知でしょうか。2018年3月に発表された、Google Playから対象のアプリをインストールすることなく、アプリを試すことができる機能です。これまではちょっと試してみたいだけでも、わざわざアプリをインストールする必要がありましたが、Google Play Instantに対応したアプリであれば、Google Playより簡単にアプリを評価することができるようになります。

例えば、探している機能を持つアプリが複数ある場合、Google Play Instantに対応しているアプリであればデモ体験として簡単に試すことができますので、対応していないアプリよりも先に触ってもらえることができ、ダウンロード数を伸ばすことができるでしょう。
このGoogle Play Instantは一般アプリだけでなくゲームにも対応しているので、多くのアプリで対応が進むことが期待されています。

 

通常のアプリと異なる点は、以下のとおりです。

  • パッケージサイズは10MB
  • サードパーティのCDNからリソースをダウンロード可能(バイナリは不可)
  • APKアドオンパッケージは、Google Playからのみダウンロード可能(バイナリも可)

アプリのリリースにあたり、Google Play Instantは対応したい機能ではありますが、本番アプリと別にGoogle Play Instant用のアプリも作成するのは大変です。そのため、本番アプリを元にGoogle Play Instant用のアプリを作成することが一般的でしょう。
画像や音声などリソースを多く利用しているアプリであれば、パッケージサイズが10MBというのは非常に厳しいので、必要最小限のリソース以外はCDNからダウンロードできる設計にする必要がありますし、サイズの大きなサードパーティ製フレームワークやプラグインの採用は、今まで以上に検討が必要になります。

Cocos Creator

そんな中、無料ゲーム制作ツールであるCocos CreatorはこのGoogle Play Instantに正式に対応しました。以前にも紹介しましたように、Cocos Creatorはモバイルゲームでは王道のCocos2d-xがコアエンジンとして備わっています。このCocos2d-xはゲームエンジン部のみで3MB弱のファイルサイズであるため、必要最小限のリソースを含めて10MBに収めることは容易でしょう。そしてなによりスマホゲームに対する技術が惜しみなく利用されているので、安心してゲーム開発に集中することができます。
http://www.cocos2d-x.org/

Cocos Creator

Google Play Instant用ビルド

またCocos Creatorでは、Androidアプリのビルドを数クリックでビルドできるような構成でしたが、Google Play Instatもこれまでと同じように、数クリックでGoogle Play Instant用アプリをビルドできます。
ビルドの手順は非常に簡単です。「Project」メニューより「Build」を選択します。

Platformより「Android Instant」を選択すると、画面下部に「Build」「Compile」のボタンが表示されますので、順にクリックするだけです。

まとめ

新しい技術が出ると、エンジニアはその対応に追われてしまい、開発に集中できません。しかしCocos Creatorのようにツールやフレームワークが新しい技術をカバーしてくれるのであれば、その対応も難しくないですね。ぜひこのようなツールを利用しアプリ開発を進めてください。

» お仕事のご依頼はこちら